【不倫回避】慰謝料の相場や慰謝料を払わないでいい条件教えます

- バレてしまったその先に待っているもの

バレてしまったその先に待っているもの

甘美で、そして何よりも危険な香りが魅力的な不倫という遊びだが、綺麗な花にはトゲがあるというか何事にも美味しい話の裏には危険が潜んでいるものだ。
特に、この不倫という魅力的な花に仕込まれている棘には触れると一撃で人生が終わりかねないような猛毒があるから、十分に注意しなくてはならないのである。
不倫、と言うとまるでドラマのような禁断の愛を楽しむことができる関係性というものが魅力ではあるのだが、あくまでも現実世界というのはドラマのように何でも上手く行くものではないし、仮にバレてしまっても綺麗に終わるなんていうようなものではない。
バレてしまった場合は、それこそ人生が半分以上は終わったと言ってもいいくらい悲惨な未来が待っていると言っていいのだ。
だからこそ、不倫という行為は常に大きなリスクを持っているものだと思って楽しむべきだし、バレても大丈夫なんていう風に甘い認識を持って行うようなものではないということだけは覚えておかなくてはならないのだ。

バレてしまったらどうなるか

不倫が現実でバレてしまうとどうなるか、という話だがドラマのようにただ離婚を突き付けられておしまいなんて甘い処分で済んだりすることはない。
まず、離婚されることは当然の処分というかまず避けられることはできないものだと思っておくべきだ。
逆にいえば、そういう関係をやるならばまかり間違えば離婚は覚悟しておかなくてはならない、ということを理解しておくべきだということである。
そして、更にそこに相手に対して不法行為をしたということで確実に慰謝料請求をされることも考えておかなくてはならないのだ。
不倫関係が離婚の原因になった場合、確実に慰謝料請求も発生するので金銭的制裁も避けられないものだと覚悟しなくてはならないのだ。
こういったことによる慰謝料は、関係性の期間が長ければ長いほど当然慰謝料は増額するし、他にも相手が妊娠していたりする場合はとんでもない額になるから要注意だ。
そして、他にも相手が既婚者であるW不倫の場合は自分の配偶者にはもちろんだが相手の配偶者に対しても慰謝料の支払い義務が発生するから、およそかかる慰謝料は二倍になると覚悟しなくてはならないのである。
離婚に慰謝料と、それだけでもかなりの制裁になると思うがこんなものではすまないのが現実だ。

人間関係をも破壊する

当然ではあるのだが、こういった不貞行為というものを世間はいい目で見てくれるわけがない。
当然、自分のことを知っている職場にも離婚したことは何れバレるし、それが知れれば離婚に至った原因も知られることとなるだろう。
そうなれば、周りからは白い目で見られ友人や同僚、上司も離れていくのは目に見えているというもの。
近所の人間からも、当然同様の目で見られることになることは間違いないから、引っ越しなども検討しなくてはならない。
更に、企業によってはそういった関係をしていた人間は自分の会社には不要として、強制的に解雇されることもあるからより気をつけなくてはならない。
当然、離婚やその原因については自分の両親や家族に知れ渡ることにもなるだろうから、親からも見放されるということになっても決して愛と欲望の劇場 -浮気・不倫・離婚2chまとめブログ-に愚痴るなどを始め文句は言えないのだ。
こういった具合に、制裁その物は金銭的な部分や離婚だけで済むかもしれないが、それが与える影響というのは他の人間関係まで破壊しかねないという危険性を孕んでいる。
当然、こういったことが原因で離婚したという記録は戸籍に残るから、もしも次にいい人と出会って結婚をしようとしたとしても、そのことを知られれば次の人生を始めるのは難しいのである。
そういった遊びが、本当の意味で人生を終わらせるという言葉が決して大げさではないことを理解すべきだ。